自己負担限度額(70歳未満)
高額療養費とは、入院や外来などでひと月(歴月)の医療費が一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合に、その超えた部分の医療費が健康保険組合から払い戻されるという制度です。
限度額適用認定証が間に合わなかった場合などは、高額療養費の支給申請が必要となります。

自己負担の合算対象
本人や被扶養者が1つの月に1つの医療機関で支払った自己負担額が21,000円以上のものが2つ以上あれば合算することができます。合算した金額が自己負担限度額を超えた場合はその超えた金額が支給されます。

※限度額適用認定証を提示していれば、基本的には高額療養費の支給申請は必要なくなりますが、入院と外来分や被扶養者分と合算する場合や、4ヶ月目以降(多数該当)で医療機関で多数該当の取り扱いとなっていない場合など、別途高額療養費の支給申請が必要なケースがあります。

手続き方法
高額療養費支給申請書(1ヶ月につき1枚)に必要事項を記入のうえ、健康保険組合にご提出ください。高額療養費の支給は受診された月から4〜6ヶ月後となります。高額療養費は診療月の翌月初日から起算して2年間を経過すると支給を受けることができません。

chikara_kougakuiryou